採用情報

採用情報

先輩インタビュー

当社へ入社して活躍している先輩方へのインタビューを紹介します。

インタビュー12016年入社 Tさん(開発部 金型製造課)
2016年入社 Tさん
Q仕事内容を教えてください。

樹脂成形の金型に必要な部品を設計図通りに加工する仕事をしています。いくつかある加工行程の中でも、片彫放電加工機とマシニングセンタという加工機を使って加工を行っています。この二つはNC 加工機と呼ばれ、プログラムを作りその後自動で加工が行われます。さらには、一つの加工でセッティング→プログラミング→加工→測定という流れで仕事を行っています。

Q入社した理由は何ですか?

私は、一番興味があったのが、製造業でした。
そもそも新生化学とは、説明会で縁がありました。説明を聞くうちに、「安心できる人がいる」と直感的に感じたので入社を決めました。

Q仕事をする上での心がけを教えてください。

新人ですから、ミスをしてしまう事もあります。ミスを正直に周囲に伝える事が大事ですね。ミスがあってもすぐに修正すれば、納期に間に合う可能性があります。しかし、次の「工程」に進むと間に合わない可能性が高くなります。その事を踏まえミスは正直に伝える事を心がけています。

Q新生化学工業はどんな場所ですか?

周りが自分の事を気に掛けてくれる、アットホームな雰囲気を持つ会社だと思います。入社を決めたのも、その雰囲気でした。

Q学生との違いは何でしょうか?

責任がある事。
学生時代、卒業研究で失敗をしてもデーターが無くなるだけですが、仕事だと納期が遅れて他の人の仕事を増やしたり迷惑を掛けたりします。

Q学生時代に培ったものを活かせていると思いますか?

PCスキルは活かせていると実感しています。PowerPointは入社後すぐに手伝う事が出来ました。新人でも即戦力で何か出来るっていうのは、嬉しかったですね。 また、三角関数などは良く使っていて、関数電卓はその部分だけがすり減っています(笑)「使う事なんてないだろう」と思っていただけに「こんな所で使うのか!」という驚きがありました。

Q入社後身についたものは何ですか?

時間の意識ですね。

Q仕事をする上で、達成感を感じる瞬間はいつですか?

自分が考えていた通りにモノが出来上がった瞬間ですね。素直にうれしい。
大学の研究は成果の見えにくいモノだった為に、目に見えて成果が表れるのはやりがいですね。私は設計志望だったけども「加工作業を学んだ上、設計をした方がよい」と言われ、苦手ながらも加工をしています。確かに作業が分かった方が個々の段取りの理解が速いですし、加工機にもどうしても、癖や「向き・不向き」がある。それを考慮して設計をするなど、今後も今の作業の経験が生きてくるだろうと感じています。

Q就活性へのメッセージをお願いします。

自分には「何が向いているのか?自分は何がやりたいのか?」分からなくなってしまう事があるかもしれません。
ですが、世の中にはたくさんの仕事や会社があります。その中に必ずあなたの心が動かされるものがあるはずです。
就職すれば学校とは違い、何十年とその会社に通うことになります。知名度や給料といった事も大切かもしれませんが、この先何十年とあなたが「あなたらしくいられるような会社に巡り合う」為の努力をしてほしいと私は思います。

インタビュー22015年入社 Hさん(営業部)
2015年入社 Hさん
Q仕事内容を教えてください。

営業のアシスタントが主な業務です。
営業担当が外出している間にお客様に提出する資料の作成や調査等をしています。
また、得意の英語を活かして、海外顧客との交渉を担当させて貰っています。
製品単価・納期の調整。新たなテーマ(合理化提案等)の説明も重要なミッションです。

Q入社した理由は何ですか?

英語を使えると言われたからです。

Q仕事をする上での心がけはなんですか?

全てにおいて判断が重要。お客様への資料でも、社外に出しても良い内容か否かの判断は慎重になります。

Q新生化学工業はどんな場所ですか?

当然行くべき勤め先。でも仕事で好きな英語を使わせて貰ってありがたいと感じています。

Q学生時代に培ったものを活かせていると思いますか?

充分すぎるほど活かせていると思います。

Q入社後身についたものは何ですか?

射出成形(オっと専門用語です)の知識です。また「場」に合う適切な「語・表現」の使い分けも身に付いたと感じています。

Q新生化学の魅力を教えてください。

中小企業のジャンルですが、海外展開していて製品の国内シャアが65%~95%もあります。技術力と地盤が強固でしかも今後、成長していく意欲・意志がある会社だと思います。

Q商品の魅力をどう伝えていますか?

海外向けには自然由来の原料を使い、しかもコストが安い点をアピールします。非常に大きなアドバンテージになります。

Q英語でやり取りするうえで気を付けていることはありますか?

日本語でも同じですが、形より内容が大事ですね。「何を伝えないといけないか」「何を掴んでおくべきか」に焦点を当てて、やり取りをするように意識をしています。

Q海外出張について教えてください。

年1回程度、ポーランドやベルギーの顧客を中心に営業をさせて貰っています。

Q達成感を感じた瞬間を教えてください。

海外の顧客向けに為替に連動した製品単価の交渉を任されて、調整の合意に至った時ですね。半年以上前から準備して、やり切った時には「今後、これ以上の仕事はないんじゃないか」と思うくらいの達成感でしたね。

Q語学を活かした就職を希望している学生に向けて、アドバイスをお願いします。

どこの会社でもすぐに海外業務をさせて貰えないと思います。なぜなら、国内の仕事が出来ずに海外の仕事が出来る訳がないからです。日々の業務を処理していく中で「上司・先輩」に認めてもらうまでは、我慢です。

Q新人教育はどういったものでしたか?

半年ほどは研修期間がありましたね。すぐに営業に行ったわけではないです。
最初は、技術部門に行きました。金型工場でパーツ磨きをやりながら、金型を学びました次に成形工場で射出成形もさせて貰いました。実際に設備を動かし、製品を触りながら製品の事を覚えていくわけです。一連の作業を実際に経験をさせて貰ったのは非常にいい経験になりました。お客様とのお話の場でも生きています。

Q営業の仕事とコミュニケーション能力についてどう思いますか?

営業って「普段から喋る人」の仕事ってイメージがありますよね。
しかし、普段無口な人でも「仕事だ」と割り切って話せるのであれば、「日常的に喋る人」になる必要はないと思います。それに適当に喋る訳ではありませんから。さらには、「話す」のは技術であり、訓練で上達しますから。「話す」のは必要ですがそれは前提であって、そこに何を付加していくかというのが大事ですね。

Q就活生へのメッセージをお願いします。

就職活動大変だと思います。
面接官に気を配り、他の就活生の様子を伺い、気疲れすると思います。周りに気を配りすぎて「こう答えた方が良いのかな。」と思うこともあると思いますが、出来るだけありのままの自分を見せた方が入社してから楽です。気負いすぎずに頑張ってください。

製品・お取引に関するお問い合わせ
見積依頼、商品・加工に関する相談、分析・解析のご依頼、その他のご質問などはお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • ツイートする