環境取組・CSR活動

ENVIRONMENT

環境方針

事業活動、製品及びサービスに係る環境側面を考慮した環境マネジメントシステムを構築します。

  • 毎年目標を設定し、実行し、チェックし処置する。見直しの枠組みを定めて維持する。設定・見直しの際は下記事項について考慮します。
    • 地球環境にやさしい技術の確立に努めます。
    • 省エネルギー(省電力)に努めます。
    • 廃プラスチック等の減量及び再資源化に努めます。
  • 法規制、協定や当社に関する要求事項を順守し、環境汚染を予防します。
  • 環境マネジメントシステムのパフォーマンスを持続させるために、定期的にレビューし、継続的改善を行います。
  • 環境方針を当社の従業員全員が理解し実行するように各職場に提示し、周知徹底を図ります。

植物由来樹脂を使用した、環境に優しいモノづくり

乾電池に組み込まれるガスケット部品の材料に、植物由来の樹脂を適用することに世界で初めて成功しました。 植物由来樹脂はトウゴマの実から採れるひまし油を原料としており、従来の石油由来のプラスチックを植物由来に置き換えた、 環境に優しいプラスチックです。

特許取得済(特許第6083024号)
令和2年度近畿地方発明表彰「文化科学大臣賞」受賞

ホットランナー金型による省資源化

一般的な射出成形金型に採用されるコールドランナー方式では、成形品へ樹脂を流すための道となるスプルー・ランナーが必要ですが、 これらのほとんどは廃材となってしまいます。ホットランナー方式にすることでスプルー・ランナーを発生させずに成形することができ、 樹脂材料の使用量が削減され省資源化に繋がります。

ホットランナー技術について詳しくみる

ダイバーシティ推進

当社は海外3拠点に工場を展開しているという背景もあり、外国人技能実習生を受け入れております。 技能実習生の母国文化・慣習を配慮しながら、技術習得の支援を行っております。 また、ハンディキャップのある方が様々な部署で活躍しています。

太陽光発電の導入

タイ工場・アメリカ工場にはソーラーパネルを設置しており、CO2排出量の削減、地球環境の保護に貢献しています。 また、工場内に設置されたモニターで日々の使用電力量とソーラー電力量が見える化され、従業員のエコ意識向上に繋がっています。

地域スポーツ大会

豊岡事業部では有志によるスポーツサークルチームを組み、ソフトボールやバレーボールの地域大会に出場し、数々の入賞を遂げています。 スポーツを通して、地域の発展・活性化に貢献しております。

安全衛生

国内外の全拠点で『災害ゼロ』を達成するために、5S活動の徹底、作業者の不安全行動・機械や工具などの不安全状態を排除し、 安全衛生委員会を中心とした月に一回の巡視で安全第一の職場構築に努めています。
また、従業員が心身共に健康で働ける職場づくりのために、公共機関によるストレスチェック・衛生情報の発信などを行っております。

私たちはSDGsに賛同し、
地域・社会・環境に対し持続可能な活動を行います。